So-net無料ブログ作成

ギャラリー秋田 [景色]

シルバーウィークで訪れた秋田の地。
田沢湖でのマラソンを終えた後は
「角館」「男鹿半島」「白神山地」「秋田市内」などを廻っておりました。
そこでのパシリをどうぞ。

■角館
ばばへらアイス
ばばへらアイス posted by (C)さかしん

曇りの明るさ
曇りの明るさ posted by (C)さかしん

井戸
井戸 posted by (C)さかしん

角館(かくのだて)は映画「武士の一分」の舞台でも使われた街のようでして、
昔ながらの屋敷が街を作っておりました。

■ばばへらアイス
観光客が多かったですね。おばぁちゃんがアイスを売っておりました。
牛乳を冷凍にしたようなシンプルなもの。
おばぁちゃんもアイスも味がございました。

■曇りの明るさ
同じく角館のお土産屋の通路にて。雲の明るさがちょうどの明るさであった為、パシリ。
この辺のお土産屋さんはお茶を出してくれて、お店の人が歴史についてお話をしてくれました。

■井戸
唯一、50mmの単焦点で撮影w。いやー70−300とかも持参したのですが、
ほとんど17−85で撮影でした。カミさんといる時は「手際良く撮影」がモットーですw
この井戸だけはちょっと趣を変えたかったのでパシリです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■男鹿半島
こよいの二人
こよいの二人 posted by (C)さかしん

朽ち果て
朽ち果て posted by (C)さかしん

ゴジラ岩
ゴジラ岩 posted by (C)さかしん


男鹿半島は正直「なまはげ」しかないのです。
至る所になまはげでした。

■こよいの二人
なまはげが寄り添っております。子供が見ると恐い顔ですが、
なんだか見ていると、笑けてしまうのは私が大人になったからでしょうか。

■朽ち果て
男鹿半島からの帰り途中に寄った海岸にて。
灯台につながる階段なのですが、
降りるときになかなかシビレル階段だったと
気がつきましたw

■ゴジラ岩
実は、これも有名みたいです。
るるぶにて知識を得ました。観光スポットらしいのですが
「ゴジラ」というのは厳しいですね(苦笑)
ドラクエのラスボスですよ〜

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■白神山地
水流
水流 posted by (C)さかしん

出会い
出会い posted by (C)さかしん

白神山地にて。ちょっと小雨が降ったり止んだりの天気でしたが、
軽く森林浴ができました。マイナスイオンを浴びながらの撮影でした。

■水流
なんとかこの水の勢いを表したいな〜と思い、手ぶれと闘いながら
スローシャッターで切ってみました。いかがでしょうか。
本当はもうちょい「This is 滝」を撮りたかったのですが、
ちょっと危なかったので、この辺で。

■出会い
どうしても私の場合は楽な被写体を選んでしまうようで、
たまたま花とかを撮影していたら、虫が寄って来たので
その瞬間をパシリです。
色的にもまとまっているかな〜と思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■お気に入りの1枚
田園風景
田園風景 posted by (C)さかしん

今回の旅行で一番気に入っている写真はこれです。

■田園風景

白神山地に向かう途中でふと目に入った光景。車を停める事ができず、
撮影はできなかったのですが、帰りにどうしてもあきらめきれず
撮影をしました。小屋を中心に、山々と霧と畑の黄色と色もまとまっており
綺麗かな〜と自己満足ですw
願わくば「五能線」が走っていれば良かったのかもしれませんが、、、
贅沢って言う奴ですね。


初めての地を旅する時は、どうしても自分なりの発見とか楽しみが無いと
面白くはないはずです。私の中ではマラソンもそうなんですけど、
ファインダーから見た景色や色の発見が私の旅をより楽しく色付けてくれました。

これから秋。紅葉とかまた素敵な色に出会えそうなんですが、
ゆったりとした旅行ではなく、日帰りの遠出で楽しみたいと
思います。

次回は通常です。


sakasin@wa2.so-net.ne.jp


ギャラリー田沢湖 [景色]

ご無沙汰の更新です。
またもやハードディスクの肥やしになっておりました(苦笑)
反省でございます。

シルバーウィークにはカミさんと秋田旅行をしておりました。
(19日〜22日)
メインとしては20日に行われた「田沢湖マラソン」
私は10キロ、カミさんはフルマラソンに参加し、
無事にゴールできました。

私の場合は「旅行=写真」の考えが強く、
マラソンを終えた後はひたすらのパシリです。
そんなこんなでギャラリーです


辰子像
辰子像 posted by (C)さかしん

■辰子像
田沢湖自体の知識がなかったのですが、辰子さんという方がいらっしゃったようです。
ちなみに田沢湖は日本一水深の深い湖との事。水が綺麗だったのが印象的でした。
なお、私の10キロはここからスタートでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

鳥居
鳥居 posted by (C)さかしん

湖に向いて
湖に向いて posted by (C)さかしん

■鳥居/湖に向いて
マラソン前日にレンタルサイクルで湖を回っていると色々な発見が!
湖畔にある鳥居。湖の方を向いております。定期的に湖を縦断する
遊覧船も鳥居前では一旦停止。乗客が拝んでおりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最後の一人
最後の一人 posted by (C)さかしん

■最後の一人
ちょっとトーンが変わってしまいますが、田沢湖マラソン。フルマラソンの制限時間は5時間であります。写真の人は最後の時間内ゴールの選手。5時間で走れてしまうのが凄いな〜と敬意を表して。
このゴールは本人にとって格別だったと思います。
そういえば、今発売中の「CAPA」ではスポーツ写真の特集が組まれてましたね。Numberの地位は揺るがないな〜と感動してしまいました。私の腕はほど遠く。。。。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おかえりなさい
おかえりなさい posted by (C)さかしん

湖畔の夕暮れ
湖畔の夕暮れ posted by (C)さかしん

■おかえりなさい/湖畔の夕暮れ
賑わっていた湖も日が暮れるとともに、静かに戻っていきます。
砂の跡、夕暮れのオレンジが今日一日の楽しさを表しております。
なくなる事なく全員が乗り場に戻って来た姿、
湖面に映る夕日に向かって整列している姿を見ながら、田沢湖の1日は終わったのでした。


次もギャラリーです。

sakasin@wa2.so-net.ne.jp





うしろの正面だぁ〜れ?? [人物]

M
M posted by (C)さかしん


昨日、仕事の移動中に銀座を歩いていると、
三越の近くでモデルさんが撮影されておりました。
柱に寄りかかったところをパシリと。

正直、うらやましい!!
私の写真には人物写真があまりございません。
なぜかというと、お願いするのが恥ずかしいから。。。。

で、私の場合は大変申し訳ないのですが、
「男性の後ろ姿」だけを撮ります。
いろいろとめんどくさいのは嫌なので。。。。
(ご迷惑がかからない範囲で行います)

ただ、見ていただくとわかる様に、
いづれも「コント仕立て」になってしまいますw
あ〜いつかは撮影会とかに行ってパシパシ撮りたいのですが。。。


ちょっと一休み
見る、悩む、休む
見る、悩む、休む posted by (C)さかしん



sakasin@wa2.so-net.ne.jp

夏のオレンジ [景色]

夏の夕暮れ
夏の夕暮れ posted by (C)さかしん

9月に入ってしまいました。
もう、今年の夏は徐々に終わっていくのでしょう。
夕焼けに哀愁を感じてしまいます。

この夏はずーっとヒマワリを撮りたいと
狙っていたのですが、なかなかどーして、
出会う事がなく、なんとか8月下旬で
パシリとできました。

青空にひまわりの大輪が咲き誇っているのが、
欲しかったのですが、なかなかそういう場所に恵まれず。。。
でも、これはこれで夏らしく感じております。

夏の被写体と言えば
「海」「朝顔」「ヒマワリ」「すいか」「海パン&ビーチサンダル」「花火」などが代表的ですが、
私の中では「夕暮れ」が結構多いかもしれません。
夏以外でも感じられるのですが、どーやら夏の夕暮れは
「せつなさ」が入っているんですよね〜


夏の雲
夏の雲 posted by (C)さかしん

雲の白さがオレンジを引き立ててくれてます。


看板
看板 posted by (C)さかしん

このすたれた様な看板と単語の響きがなおさら、寂しさを感じます。
昔からあるんですよね。時代を感じます。

日が短くなりながらも、多分来週も私はオレンジを求めているのでしょうね。


sakasin@wa2.so-net.ne.jp




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。